何でもQ&A

疋田整骨院 > 何でもQ&A

質問一覧

  1. 農作業をした後に首や腰に痛みが出て整骨院で治療を受けようと思っていましたが健康保険組合から作業のあとの疲れ等では保険が使えないと言われましたが本当に治療を受けられないのでしょうか?
  2. 交通事故の際、整骨院や接骨院でも自動車保険で治療は受けられますか?
  3. 健康保険組合から「捻挫や打撲で整骨院にかかる時はお医者さんの診察を一度受けてからかかるように」という連絡がありましたが本当ですか?
  4. 「捻挫等で一回の治療で痛みが取れてスポーツの現場にすぐ復帰できる」そういう治療があると聞きましたが本当ですか?
  5. 整骨院や接骨院で骨折は治るんですか?
  6. 整骨院、接骨院ではどういう痛みでも対応してもらえますか?また、その範囲を教えてください。
  7. 捻挫や打撲をした時、整形外科と整骨院では治療が違うんですか?
  8. 接骨師と整骨師と柔道整復師とは違うんですか?
  9. ケガをしたときには冷やすのですか?それとも温めるのですか?
  10. 整骨院では労災保険が使えますか、また労災で他の病院に通院中でもそのまま転院できますか?
  11. 交通事故を起こして病院に通院中ですが途中から変わりたいのですが自動車保険はそのまま使えますか?
  12. 整骨院・接骨院て違うの?何をするところ?
  13. 健康保険は使えますか?
  14. 痛くされませんか、怖くありませんか?
  15. 健康保険組合からの通知の中で 整骨院では保険が使えないようなことを書いて有りましたが、本当ですか?

農作業をした後に首や腰に痛みが出て整骨院で治療を受けようと思っていましたが健康保険組合から作業のあとの疲れ等では保険が使えないと言われましたが本当に治療を受けられないのでしょうか?

整骨院や接骨院での健康保険は按摩やマッサージ等治療院で受ける慰安目的の治療とは違って外傷による痛みを対象に健康保険が使えるようになっています。したがって何らかの原因がなければ保険診療が受けられない仕組みになっています。しかしこのケースでは農作業を行ったときに身体に何らかの形でストレス(外傷)を受けその結果痛みが出てきたと考えられますので当然保険診療の対象になります。安心して遠慮なく治療を受けてください。健康保険組合からの通知が間違って解釈され浸透していることが多いようでこのような問い合せが最近よくあります。今までにも何度もこのコーナーで説明してあるとおりです。また、保険診療について何か疑問点がありましたら整骨院や接骨院の先生に遠慮なく相談してみてください。よく説明してくれるはずです。健康保険は正しい知識で正しく使いましょう。

交通事故の際、整骨院や接骨院でも自動車保険で治療は受けられますか?

この質問もよく受けますが、まったく問題はありません。病院、医院と同じように使えます。なかには整骨院や接骨院では自動車保険が使えないとか、通っても慰謝料の算定で不利になるとか、根拠のないことをいう人がいますが問題なしです。以前にもこのコーナーで説明しましたが治療途中でも病院や医院からの転療も可能です。いつも言ってますが、整骨院や接骨院は国が認めた保険医療機関ですし、患者さんは自分の体を管理する場所(医療機関)を自由に選択できる権利を持っています。安心して治療を受けてください。

健康保険組合から「捻挫や打撲で整骨院にかかる時はお医者さんの診察を一度受けてからかかるように」という連絡がありましたが本当ですか?

最近一部の健保組合が「しおり」等で患者さんにこのような通知をしているようで、私のところにも患者さんから「もう捻挫しても整骨院にはかかれないのですか?」という問い合わせがありますがそのような事はまったくありません。骨折、脱臼とならんで捻挫や打撲も我々整骨院の得意分野の一つです。法律的に言っても何ら問題はありませんので安心して整骨院にかかってください。なぜ健保組合が患者さんを混乱させるような事を流すのか我々も理解できませんし大変困惑しています。
このコーナーの最初にも健保組合からの問い合わせについて書きましたが健保組合の意図的な過誤解釈としか思えません。どうぞ安心して整骨院にかかってください。

「捻挫等で一回の治療で痛みが取れてスポーツの現場にすぐ復帰できる」そういう治療があると聞きましたが本当ですか?

こういう質問もよく受けますしHP相談にも書き込まれています。確かに私もそういう治療があるということは聞いておりますが、どのくらいの信憑性があるのか私はわかりません。ギックリ腰などで関節の整合性が悪い場合にはマニュプュレーションといって運動療法(いろいろな方法がありますが)を行うことによって一度の治療でドラマチックに良くなることはありますし私も経験していますので全く否定はしません。しかし捻挫は靭帯の損傷(罹患関節によっては軟骨損傷もありますが・・)が殆どですし、靭帯という組織は伸びたり縮んだりというものではなく断裂(微細断裂から完全断裂まで)するわけですのでその程度に合わせて固定をし、患部の安静を図りながら治療を進めるのが普通の考え方です。治療の中で「早期に快復をさせるにはどのようにするか」はその先生によって違います。どういう捻挫でも「1回の治療で痛みが取れる」という治療法があれば私も教わりたいと思います。

整骨院や接骨院で骨折は治るんですか?

このような初歩的な質問をされることがありますが、勿論骨折や脱臼は我々の本業です。骨折をすると殆ど入院、手術と思っている方も多いようですが、高齢者で全身管理を必要とする方や、折れ方が複雑(粉砕骨折など)なもの、皮膚をつき破ったものなど以外はだいたい入院や手術をしないで治ります。また、整骨院や接骨院ではレントゲン検査が出来ないからと心配される患者さんもいますが、各整骨院、接骨院で検査体制をとっていますのでご心配ありません。

整骨院、接骨院ではどういう痛みでも対応してもらえますか?また、その範囲を教えてください。

我々の治療範囲は骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷となっていますが、実はこの中に運動器に係わる痛みが全て網羅されていると言っても過言ではありません。腰痛、関節痛、寝違えや女性に多く見られる頭痛、偏頭痛も場合によっては我々の範囲に入るケースもあります。また、男性に多い四十肩、五十肩や野球肩、テニスエルボーに代表されるスポーツ障害も得意の分野です。このように我々はあらゆる痛みに対応しています。痛みを感じて何処で診てもらおうか迷ったらまず整骨院、接骨院にご相談ください。

捻挫や打撲をした時、整形外科と整骨院では治療が違うんですか?

基本的には考え方は一緒です。まず骨に異常があるか否か検査をし、状態によって処置をします。ただ、整形外科の先生は骨に異常がなければ比較的簡単に済ましてしまうことが多いようです。(もちろん重度の怪我であれば固定はします)一方、整骨院では比較的軽度の怪我でも必要性があればいろいろな固定材を使って固定を行い、患部の安静をはかります。その後様子を診ながら電気光線療法など理学療法を行い、微妙に変化する患部を手で直接触って日々の変化に対応します。これは整骨院の得意の療法です。言いかえればこのあたりが整形外科の先生と我々の一番違うところかもしれません。

接骨師と整骨師と柔道整復師とは違うんですか?

接骨師、整骨師どちらも同じで正式名称が柔道整復師といいます。柔道整復師を簡単に説明しますと、元来、「接骨」「ほねつぎ」といわれ、骨折、脱臼、捻挫や打撲、挫傷といった外傷を主に治療します。特に骨折、脱臼の分野を得意としている、わが国伝統の民族医療です。薬を使わずヒトの自然治癒能力を引き出してそれによって外傷を治す、いわば体にやさしい治療方法を用いる専門家です。長い歴史の中で紆余曲折を経て、昭和45年には柔道整復師法も制定され現在は大臣免許となり、名実共に国が認める国家資格となっています。

ケガをしたときには冷やすのですか?それとも温めるのですか?

診療中によくこのようなことを聞かれますが、基本的には「急性期は冷やし、それが過ぎたら温める」この考えでよいと思います。どの段階で変えるのか細かい判断はそのケガの程度や症状により異なりますが、ごく一般的には軽度の足首の捻挫や、軽い突き指などでは1週間程度でしょう。また、ぎっくり腰の場合も「初期は冷やして症状が落ち着いたら温める」これが原則です。したがってぎっくり腰になってすぐお風呂で温めるのはいけません。まず冷やすことが正解です。お間違えのないように!

整骨院では労災保険が使えますか?また労災で他の病院に通院中でもそのまま転院できますか?

勿論大丈夫です。但し、その整骨院が労災保険の取り扱い医療機関になっていることが条件で、会社で整骨院用の書類を新たに用意してもらうことになりますが、これは会社の担当の方にその旨を申し出れば揃えてくれるはずです。以前にも書きましたが医療機関の選択権は患者さんにあります。

交通事故を起こして病院に通院中ですが途中から変わりたいのですが自動車保険はそのまま使えますか?

何ら問題はありません。保健会社の担当の方に電話でその旨を伝えればOKです。保険医療機関であればどこの整骨院でも治療を受けられます。患者さんは病院や整骨院を自由に選択し治療を受ける権利があります。

整骨院・接骨院て違うの?何をするところ?

良くこんなことを聞かれますが、整骨院、接骨院共に同じです。呼称が違うだけで内容は一緒です。どういう事をするのかといいますと、骨折や脱臼、捻挫や打撲、筋肉やスジ等怪我をした患部に注射や内服薬を使わずに、怪我をした箇所を治します。ヒトは自分で治す力、即ち自然治癒力という素晴らしい能力を持っています。その能力を治療によって最大限に引き出して治します。
薬を使わず、手術もしないでけがを治す(中には手術をしたほうが早く治るけがもありますが)、国も認めた我が国伝統の民族医療です。

健康保険は使えますか?

これも良く聞かれることですが、もちろん健康保険が適用されます。特殊なけがを除いては殆どが保険の対象になりますのでどうぞお気軽に、安心して通院してください。
また、最近ある健康保険組合では整骨院、接骨院で保険が使えないような説明やパンフレットを配布してしているところがあるようですが、そのようなことはまったくありません。ご安心ください。

痛くされませんか?怖くありませんか?

昔は接骨院の治療というと荒っぽい、怖くて痛いというイメージがありますが今はそんなことはありません。その先生の治療によって治療方法は多少変わりますが、昔のイメージとは随分変わってきています。心配でしたらまず先に「痛くしないで」ということです。我慢をすることはありません。ちなみに、当院では痛くしない治療をモットーにしています。
また、柔道の経験者が多いので体格のいい先生が多くいますが皆優しい先生です。

健康保険組合からの通知の中で 整骨院では保険が使えないようなことを書いて有りましたが、本当ですか?

最近、私もこういうことを良く聞かれますし個別の質問箱にも同じような問い合わせがありました。一部の健康保険組合ではチラシや冊子の中で整骨院ではお医者さんの許可がなければ保険が使えないような事柄を書いて配布しているようですが、先のでも説明しました通りそのようなことはまったくありません。最近このような健康保険組合の一方的な過誤ともいえるような、また整骨院への業務妨害のような通知が多々有りますのでご注意ください。