THE解説

疋田整骨院 > THE解説

≪ 前 | THE解説見出し一覧 | 次 ≫

手首の痛み ~TFCC損傷について~ NEW

以前から解説している手関節の痛みに関連しまして、今回は小指側の手首に痛みが出現するTFCC損傷(三角繊維軟骨複合体損傷)について解説していきます。

『発生原因』

転倒などで強く手を着いた際や、手関節に強いねじれ外力、特に回内力(内側に回す動作)が加わった場合など、急激な力が手関節に加わることによって発生するものと、手関節の使い過ぎや手関節付近の骨折後に変性がある場合に軽微な外力で発生するものとがあります。

『症状』

TFCC損傷時には回内・回外運動時(ドアノブをひねるような動作)に疼痛と腫脹、時にはクリック感を感じ、小指側に横に倒し手関節が狭まるような動作すると疼痛が増強します。また、手関節尺側の尺骨頭と手根骨間に圧痛があります(図1)

手首の痛み ~TFCC損傷について~の図1

『治療法』

痛みが出る動作を避け、症状が強い場合には患部の安静を図る為にテーピング固定(動画参照)や包帯固定を行います。症状の改善が見られない場合は手術療法の適応になることもあります。

『判別方法』

TFCCストレステスト(動画参照)
手のひらを上にした状態、下にした状態それぞれで小指側に手首を倒す。陽性であれば、図1の赤丸部分に疼痛やクリックが誘発されます。

この部位はレントゲン検査では異常を認めないことが多い為注意が必要です。上記の部位に痛みが出現しましたら当院または専門医にご相談下さい。

手首の痛み ~腱鞘炎について~

手首の腱鞘炎は手首の痛みの中でも比較的多いケガになります。手首に痛みを生じますが、実際は腕から指にかけて伸びている腱(スジ)が手首付近にある腱鞘といわれるトンネル状の組織(図1参照)と擦れ合うことで、炎症がおき手首付近の痛みや腫れが出現します。特に親指側の腱鞘に多く見られ、親指側の腱鞘炎をドゥケルバン病と呼び、指の腱鞘炎の中でも多い部位になります。

手首の痛み ~腱鞘炎について~の図1

『発症原因』

指の曲げ伸ばし動作の繰り返しによって、腱と腱鞘(トンネル)との滑りがスムーズでなくなり摩擦が増えることによって炎症をおこします。日常的に指や手首を使いすぎることで炎症が起こりやすく、またホルモンバランスの変化が発症に影響することがわかっており、これらのことから腱鞘炎は女性に多い疾患といわれています。年齢によっても腱鞘自体の柔軟性低下によって発生頻度は変わってきます。

『判別方法』

親指の腱鞘炎(ドゥケルバン病)の疑いがある時に自分でチェックする事が出来ます。
・アイヒホッフテスト(動画参照)

  1. 1.手の親指を内側に曲げます
  2. 2.他の指で親指を握り、そのまま手首を小指側に倒します
  3. 3.この際、親指側に痛みがあれば腱鞘炎の可能性があります

腱鞘炎は一度発症すると症状の緩和に時間がかかることが多く、特に親指は日常での使用頻度が多いことから、治るまでに時間が必要になります。
症状が現れてから時間が立つにつれて回復に時間がかかることから、発症後はなるべく早く必要な治療や処置を行うことが早期回復のポイントとなります。

腱鞘炎かな?と思った際は早めに専門医を受診するようにしましょう。

手首の痛み ~応急処置について~

今回は手首の痛みがある時の応急処置の方法についてお話していこうと思います。

手首の痛みといいましても、手関節部にある痛みなのか、骨折によってみられる骨への痛みなのか、また手首に関連する筋肉の影響によって痛みを感じているのか、様々な痛みが考えられます。今回はその中でも手関節部の痛みに対する応急処置の方法についてご紹介します。

痛みの発生原因は様々ですが、「手をついて転んでしまった。」「どこかにぶつけた際に捻ってしまった。」などが原因となり痛くなることが多いかと思います。

ケガをした後、できるだけすぐに行ってほしい基本的な応急処置が、安静、冷却、圧迫、挙上することです。ケガの程度にもよりますが、こちらの処置が正しく行われたかどうかで、ケガが治るまでの期間が大きく左右される場合もあります。今回はその中でもご自宅にあるものを使ってできる、テーピングと包帯を使った圧迫固定の方法をご紹介します。

手首の痛み ~応急処置について~の図1

今回は手関節部の痛みに対する応急処置方法として、簡単な圧迫固定ついてご紹介しました。ケガをした直後(急性期)にきちんとした処置を行わないと痛みの緩和が遅くなる原因にもなります。ケガを早く治すためにも、ご自分でできることは進んですることをおすすめします。

野球肘③

前回に引き続き野球肘について解説していきます。外側型、内側型と野球肘を解説してきましたが、今回は後方型の野球肘について解説します。

野球の投球動作は大まかに5つの期に分かれており、その期によって負傷する原因や場所が異なります。(図1)
後方型の野球肘ではボールをリリースした直後からフォロースルー時に肘の後方に痛みを生じる事が多い障害です。

野球肘③の図1

投球時のフォロースルー後は、肘関節が過度に伸展(伸びきった状態)になり(図2)、肘頭と上腕骨肘頭窩の間にインピンジメント(衝突)が発生します(図3)。その際に成長期では、肘頭部骨端軟骨の成長障害、成人では肘頭の疲労骨折や上腕三頭筋の炎症などが発生します。(図4,5)

野球肘③の図2

野球肘③の図3,4,5

どのタイプの野球肘にも言える事ですが、予防が大切になります。早期発見と過剰投球にならないように練習量や投球動作の見直しなどの管理が必要です。小学生では1日50球程度、週200球、中学生では1日70球程度、週350球、高校生では1日100球以内、週500球を超えないことが提案されています。

以上の投球数を基準に、肘に何らかの症状が現れた際は速やかな対応を取ることが早期回復の一番の近道です。肘の痛みや違和感が出た際は当院もしくは専門医にご相談ください。