THE解説

疋田整骨院 > THE解説

野球肘②

前回に引き続き野球肘について解説していきます。
前回は内側型の野球肘を解説しましたが、今回は外側型の野球肘について解説していきます。

【外側型野球肘の特徴】

外側型の野球肘で注意しなければならないものとして離断生骨軟骨炎といった疾患があります。
離断性骨軟骨炎は少年期の野球肘の中でも特に重症化しやすい障害です。肘の上腕骨小頭部分と橈骨頭部分が投球動作による圧迫力で繰り返しストレスを受ける事により発症します。
小学校高学年の子どもに多く見られますが、初期の症状が軽度の場合痛みを訴えることが少ない為発見が遅れ、中学生・高校生になる頃に重症化して発見されるケースもあります。初期に病巣が発見できた場合、投球動作の中止・安静や投球フォームの見直しなどで治る場合があります。しかし発見が遅れ重症化してしまうと手術の適応となります。
症状としては、投球動作時の痛み、肘の運動痛(曲げ伸ばしの痛み)、可動域制限(特に伸ばせなくなる)がみられ、症状が進行するとストレスを受けた関節軟骨がはがれ(遊離し)、関節内で引っかかり関節の運動をロックしてしまう事もあります。

野球肘②

離断性骨軟骨炎は早期発見が最も重要になってくる障害です。近年では野球肘検診を行って早期発見ができる様になってきましたが、自身の体のメンテナンス、投球数の管理など自分で意識することで予防できる事もあります。
肘・肩関節周辺の柔軟性はもちろん、体幹・股関節・下半身の柔軟性、運動の連動制もとても重要になってきます。フォームの確認や、成長過程にあった投球数・練習量を意識するようにし、肘の外側に痛みが出現した場合は早めに専門機関を受診しましょう。

野球肘

今回は野球肘について解説したいと思います。
野球肘とは投球動作の繰り返しにより発生した肘の障害を総称して野球肘といいます。特に小学校高学年から中学生の成長期の児童に多く発症しますが、高校生や大人でもみられます。
主な原因は投球動作の繰り返しによる使い過ぎ(オーバーユース)や投球フォームの崩れからくるストレスなどが考えられます。

【野球肘の種類】

野球肘は主に「内側型」「外側型」「後方型」の3種類に分類され内側型、外側型が多くみられます。今回は内側型を重点的に解説していきます。

【内側型野球肘の特徴】

一口に内側型と言っても色々な病態があります。代表的なものをいくつか紹介します。

① 上腕骨内側上顆部の障害

これは別名「リトルリーグ肘」と言われ、少年期に起こる野球肘の大半を占めます。投球動作の繰り返しなどで肘の内側部にストレスが加わり図に示す場所の成長軟骨が障害されてしまうものです。発症初期であれば投球動作の中止など、患部の安静をはかることで症状が改善します。また筋肉の硬さや、フォームの崩れがある場合、再発防止のためにそれぞれ改善が必要となります。

野球肘
② 内側側副靭帯損傷

これは先ほどのリトルリーグ肘とは違い、高校生以上の選手に多く見られます。やはり投球動作の繰り返しにより内側の靭帯に牽引力によるストレスが加って炎症を起こします。疲労の蓄積や筋肉の硬さもその原因の一つです。この症状が進行すると靭帯の損傷が強くなり靭帯断裂を起こす危険も考えられます。

野球肘

どちらもやはり投球動作の負担(オーバーユース)、投球フォーム、筋肉の柔軟性の改善が必要になります。肘の痛み(特に少年期)は放置せず早めの投球動作中止と治療を心掛けましょう。

野球肩②

 前回に引き続き、今回は成長期の子供にみられる、骨の損傷を伴う肩の障害です。
 前回解説した野球肩は腱板や滑液包が肩峰と上腕骨頭(※前回の解説参照)の間で挟み込まれる軟部組織の損傷でしたが、今回は成長段階の骨端線(成長軟骨)に繰り返し負荷が加わり損傷する骨組織の障害による肩の痛みになります。

【リトルリーガーズショルダー】

 成長期の骨は骨端成長軟骨板(骨を伸ばすための軟骨部分)という成長途中の軟骨組織が骨の端に存在します。成人の硬い骨とは違い柔軟性のある組織なのでスポーツ動作中、筋肉によって引っ張られたり、押しつぶされたりまた過度に捻られたりすると損傷してしまいます。(大人になるにつてれ軟骨部分は骨に変わります)

(原因)

 投球動作など肩関節を90°以上挙げた状態で、急激な捻り運動が掛かることで軟骨部分に過剰なストレスが加わり炎症が起きたり、繰り返しの外力により骨端線が引っ張られ離開(剥がれる)し疲労骨折に繋がります。

野球肩②
(治療方法)

 骨端線の離開が重度の場合は三角巾などで腕を吊るし安静を取り骨折としての処置を行います。軽度の場合は一時的に痛みの出る動作(投球、スマッシュなど)を控え症状の緩和をはかります。治療期間中は動作フォームの見直し、ストレッチやトレーニングなどのケアも一緒に行い、完治後の早期の運動再開と再発予防を行います。

 肩関節のケガには今回ご紹介したケガ以外にもたくさん存在します。もし肩の痛みで少しでも不安な点がございましたら気軽にご相談ください。

野球肩

 今回はスポーツ障害として多くみられる野球肩について解説します。
 野球肩とはボールを投げる際、腕を大きく振り上げる事により生じる肩関節周辺のケガの総称です。野球の投球動作(特に投手)での負傷はもちろん、バレーボールのスパイク、テニスのスマッシュなど腕を肩よりも高い位置でパフォーマンスするスポーツに多く見られます。年齢や損傷部位によって治療の方法、復帰期間などが変わってきますので、しっかりと症状を把握することが重要です。今回は野球肩でも比較的多くみられるインピンジメント症候群についてお話します。

【インピンジメント症候群】

 野球肩の中でも多く見られるケガです。肩を90°以上挙げて腕を振った際に肩峰(肩関節の屋根)と上腕骨頭の間で、インナーマッスル(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋)の腱や滑液包が挟み込まれ炎症を起こし、組織が損傷します。

(原因)

 肩関節の使い過ぎによりアライメント(関節の位置)が崩れ、肩に過負荷がかかるような状態で競技を続ける事で炎症を起こします。また肩周辺の筋肉の緊張や筋力の低下が原因で関節に負担がかかり発症することが考えられます。

野球肩
(治療方法)

 まずは炎症を抑えるために投球動作を控えて、痛みが落ち着いてきたらインナーマッスルの筋力トレーニング、肩関節やその周辺の筋の柔軟性向上、また負担の掛かる投球フォームを再確認しフォームの改善をするなど様々な方法を行います。損傷の度合いが重度であれば手術適応になる場合もあります。

 成長期では骨に過度な負担がかかり負傷する野球肩もあります。肩に違和感を感じたり、症状が気になる方はお気軽にご相談ください。

テニス肘とゴルフ肘のストレッチ

 今回は以前解説にもありました「外側上顆炎(テニス肘)」「内側上顆炎(ゴルフ肘)」についてのストレッチをご紹介します。
 日々の診療で患者さんから「肘周りが痛い」「腕が痛い」などの相談を受ける場合、テニス肘や野球肘になられる方が比較的多くみられます。
 痛みが出た場合、我慢して炎症が強くなってから治療をするよりも、炎症が起きる前に初期の段階で自ら対応できていれば症状が軽く済む方もいらっしゃいます。
 今回はテニス肘や野球肘と診断された際に自分でできるセルフストレッチのご紹介です。

【外側上顆炎(テニス肘)のセルフストレッチ】

  • 1、手のひらを下に向け肘を伸ばします。
  • 2、手を反対側の手で押さえ手のひら側に向けます。
    (こちらで腕が伸びる感じがあればこの先は無理をせずに)
  • 3、2のみでストレッチ感が足りない場合は肘を外側へ捻るようにします。(肘は外側か地面に向く方向に意識しましょう)
  • 【注意】肘が曲がってしまうとストレッチが利かなくなりますので肘は伸ばしたままにしましょう。
テニス肘とゴルフ肘のストレッチ

【内側上顆炎(ゴルフ肘)のセルフストレッチ】

  • 1、手のひらを上に向け肘を伸ばします。
  • 2、手を反対側の手で押さえ手の甲側に向けます。
  • 【注意】こちらも肘が曲がってしまうとストレッチが利かなくなりますので肘は伸ばしたままにしましょう。
テニス肘とゴルフ肘のストレッチ

 テニス肘や野球肘になってしまった場合、これらのストレッチを行いながら早期回復を心がけることが大切ですが、肘周辺や腕の痛みがある場合、全てにこちらのストレッチが有効であるとは限りません。痛みや違和感を感じた場合まずは専門医を受診し、どこが悪いのかきちんと診断を受けたのちにテニス肘や野球肘であった場合はこれらのストレッチを少しづつ行なってみてください。

 当院ではテニス肘や野球肘に対してストレッチやサポーター、テーピングなどを利用した施術を行なっています。肘周辺の痛みや腕の痛みがありましたらまずはご相談ください。

横アーチについて

 前回に引き続き偏平足シリーズ。今回は足の横アーチの重要性とテーピング方法について解説していきます。

 足のアーチといえば内側縦アーチ(前回の解説を参照ください)を思い浮かべる方が多いとと思いますが、足の横アーチもとても重要です。
 横アーチの役割の一つは「縦アーチの剛性を高めること」といわれています。いくら足の裏のトレーニングをして縦アーチを上げようとも、その強度が低ければ足を地面に着いた際にアーチは潰れてしまいます。その強度をサポートするのが横アーチです。またその他にも横アーチが低下する事によって起こる問題の一つに外反母趾があります。外反母趾に悩まされている方も多いのでは?と思いますが、横アーチを低下させないようにすることが外反母趾の対処法の一つになります。

【横アーチサポートのテーピング方法】

 足の指の付け根のでっぱりの部分を親指側と小指側を結ぶように横にテーピングを貼っていきます。そのテーピングと並行するように二本目のテープを貼っていきます。

横アーチについて

<ポイント>

  • ① テープを貼る際、足底側のアーチを押し上げながらテープを貼ってください。
  • ② アーチを上げ過ぎると足底側に皮膚のしわが出来てしまい、足を着いた際痛みが出る場合がありますので上げ過ぎには注意してください。

 インソールなどで横アーチをサポートする方法もありますが、今回はキネシオテープを使った方法を紹介しました。テープの貼り方やテンションのかけ方など、詳しくはお気軽にスタッフまでご相談ください。

偏平足のインソールについて

 前回に引き続き扁平足シリーズ。今回は扁平足に対するインソールについてお話します。

 まず偏平足とは、前回解説したように内側縦アーチ(土踏まず)が無く(図1)、足全体が地面に接地している状態のことをいいます。内側縦アーチは足部のクッションの役割を果たしていて、アーチの低下によってクッション性が失われることにより、足部はもちろんその他体の様々な部位に障害が起こりやすくなるといわれています。このような障害のリスクを軽減する目的でインソールは用いられ、症状改善の効果が期待できます。

偏平足のインソールに関する画像

【偏平足のインソールの選び方】

 偏平足の方を対象とするインソールは様々ありますが、まず基本的にはアーチサポートタイプを選びましょう。アーチサポートとは内側縦アーチをサポートして疑似的に土踏まずを作り足部が扁平になることを防ぐ効果のあるものです。(図2)これにより歩行時の衝撃を緩和・吸収する土踏まずの働きを補助してくれます。商品によってアーチの高さ・長さ・幅が違ってくるので、足の形・大きさにあった製品を選ぶようにしましょう。また靴の形状によっても合うものと合わないものがありますので注意して選択してください。

偏平足のインソールの選び方に関する画像

 自分に合ったインソールを使うことで足部や体の疲れ・疲労感の軽減、運動時の障害発生の予防にもつながります。当院でもインソールの作成等を行っておりますので興味のある方は是非ご相談ください。

偏平足改善エクササイズ

 今回は、偏平足を改善させるためのエクササイズをご紹介します。

【偏平足による体への影響】

 まず偏平足とは足底の内側縦アーチ(土踏まず)が低下した状態を指します。アーチの機能が低下すると足部のクッション性が無くなり、地面からの衝撃を吸収できず足裏全体に負担がかかります。また足底アーチの伸縮性が低下することで、走る・飛ぶ・蹴るなどの運動パフォーマンスに影響を与える可能性が考えられます。

【足底エクササイズ】

タオルギャザー
  • 1.イスに座り、適当なサイズのタオルを床に敷きそこに足を乗せます。
  • 2.足の指、足裏を意識しながら、タオルをゆっくり握ります。
  • 3.2の動作を10回繰り返します。握るのに慣れてきたら、タオルの上に水の入ったペットボトル(500㎖)を置いて負荷を上げて挑戦してみましょう。
タオルギャザーに関する画像
足底筋膜リリース
  • 1.テニスボールぐらいの大きさのボールを用意します。
  • 2.座った状態で、ボールの上に足を乗せます。
  • 3.少し体重をかけて足の裏全体をほぐすように、ボールを転がします。
  • 4.1分ほどほぐしたら反対の足もやりましょう。
  • 5.慣れてきたら足の指を上げたり下げたり(グー・パー)して、強度を上げましょう。転がすものはテニスボールだけではなく、ゴルフボールや円柱状の床で転がせる硬い物であれば何でも可能です。
足底筋膜リリースに関する画像

 毎日のケアとしてエクササイズを行うとこは大切です。特に運動をされる方にとって足のアーチは重要で、使用している靴が自分の足に合っていないことで運動パフォーマンスの低下に繋がり、また怪我をするリスクも高くなると考えられています。当院では足部のケアやエクササイズの他に、運動中のアーチを補助するインソールを用いた治療を取り入れています。偏平足でお悩みの方はお気軽にスタッフにご相談ください。

足底のアーチについて

 日々の診療の中で患者さんから「扁平足と言われました」「アーチが落ちていると言われました」などと相談される事が良くあります。しかし実際には何が原因で起こることなのか、またどのような症状が出てくるのかなど疑問に思うことがあるかと思います。今回は足のアーチ(土踏まず)について解説して行きます。

足底部には内側縦アーチ、外側縦アーチ、横アーチの三つのアーチが存在しています。

大腿部打撲に関する画像
・内側縦アーチ(赤ライン)
足をついた状態で内側から見た時現れてくる、地面と接着をしない部分を指します。一般的には土踏まずと呼ばれるものです。

・外側縦アーチ(青ライン)
同様に外見上ではわかりにくいですが外側に存在するアーチのことです。

・横アーチ(緑ライン)
同様に前から見た際に、横に広がってくるアーチになります。

【アーチの機能】

  •  1、 歩行時の踏み出し力の補助
  •  2、 着地時などの衝撃の緩和
  •  3、 片足時の安定性
などがあげられます。

 足部のアーチが低下することで身体に様々な負担を与えることが考えられ、その症状は足部に限らず上半身にまで影響を及ぼすこともあります。

 当院ではアーチの低下に対する手技療法やテーピングサポート、またインソールを用いた治療法を取り入れています。扁平足が気になる方はお気軽にスタッフにご相談ください。

脊柱の役割と構造について

 今回は脊柱(いわゆる脊椎、背骨)の役割や構造について解説していきます。

 脊柱は体幹の背側(背中)を縦に走る多数の椎骨から作られ、頭や体幹の支持と運動、脊髄の保護などの役割があります。脊柱はあらゆる身体運動の軸となっており、その運動を支えるべく多数の靭帯や筋肉がついています。成人の脊柱は7個の頸椎、12個の胸椎、5個の腰椎、1個の仙骨、1個の尾骨から作られます。

 頸椎は第1頸椎と第2頸椎が特殊な構造をしていますが、第3~第6頸椎は典型的な頸椎となります。第7頸椎は背側の突起が他の頸椎に比べて長く隆起している為、隆椎とも呼ばれ体表からも簡単に触れることが出来ます。頸椎を上から触っていくと首と背中との境目あたりに第7頸椎を触れられるため、気になる方は試してみてください。余談にはなりますが、あの長い首のキリンも骨1つ1つは大きいですが、首の骨の数は7個と言われています。

 次に胸骨ですが、特徴として肋骨と連結しているのは胸骨になります。下部胸椎や次に説明する腰椎(上部)は圧迫骨折を起こしやすい為注意が必要です。転倒しての尻餅や、椅子にドンと座るような動作の連続でもいつの間にか骨折を起こすこともあります。

 腰椎は上記の通り骨折や、脊柱管狭窄症やヘルニアの割合が多く、分離症やすべり症と言った日常生活での怪我やスポーツ障害も多いとされています。日ごろ悩まされている足に出てくる痛みやしびれ感、灼熱感や冷感などは足が原因ではなく腰が原因と言う場合もある為注意しましょう。

 成人の正常な脊柱を側面から見ると、頸部と腰部では前方に軽く弯曲(前弯)し、胸部と仙尾部(仙骨と尾骨)では後方に軽く弯曲(後弯)している為、全体として軽いS字状の曲線を描きます。頸部前弯は頭を支えるスプリングの役割をもち、胸部後弯は心臓などの胸部内臓を保護しています。腰部前弯は体幹と頭を支えるスプリングの役割をもち、仙尾部の後弯は骨盤内蔵を保護するために良い形となります。

 日常では身体のどこかに痛みが出たり、またトレーニング中に自分の姿勢やバランスに意識を向けなければ自分自身の身体の構造を考える機会も無いかとは思いますが、解剖学的に自身の身体を見つめなおすと面白いかもしれませんね。当院では痛みに対する治療はもちろん、パーソナルトレーニングやバランス調整なども行っていますので、興味のある方はお気軽にスタッフまでお問い合わせください。