THE解説

疋田整骨院 > THE解説

≪ 前 | THE解説見出し一覧 | 次 ≫

熱中症について NEW

 今回は熱中症について解説をしたいと思います。

 梅雨が明けて一気に気温が上がるこの季節は熱中症に十分注意しなければなりません。最近では【暑さ指数】といわれる“その場所のその時間帯の暑さ”の危険度を段階別に分けて警告するシステムも発表され、都市部では毎日のように警戒アラートが発表されています。

① 熱中症の原因

  • ・高気温はもちろん高湿度、無風状態、日差しが強い屋外の場所。
     屋内であっても窓を閉め切ってエアコンを使わないなど、その場所の環境によるもの。
  • ・高齢者や子ども、肥満傾向や運動不足の人、体調不良や二日酔いなど体の異常によるもの。
  • ・激しい運動や長時間の作業に水分補給の不足などその人の行動によるもの。
これらの要因により、体温の調整機能がうまく働かず体に熱がこもり熱中症になります。

② 熱中症の予防

 予防策としては高温多湿の場所を避け、気温と湿度の確認と温度調節、バランスの良い食事や睡眠不足にならないよう十分な睡眠をとるようにしましょう。また水分をこまめに、塩分を程よく摂るようにしましょう。喉が渇いたと感じた時には水分不足です。喉が渇く前にこまめに水分を摂取しましょう。多量の汗をかいたときは水分と一緒に塩分も失われています。水分だけの補給だと塩分・ミネラルの濃度が低下し、かえって熱中症になりやすくなります。スポーツドリンクなど塩分も一緒に摂取できる飲み物を準備しておきましょう。

 次回は熱中症になってしまった・なっている人を見つけた時の対処法について解説します。

殿筋のストレッチ

 今回は、殿筋(お尻)のストレッチをご紹介したいと思います。座った状態でできますので是非ご自宅でおこなってみてください。

【殿筋ストレッチ(1)】

殿筋のストレッチ写真
  1. 1.両手を体の後ろにつき、ひざを立てます。
  2. 2.立てた側のひざの上にもう片方の足(外くるぶし)を乗せます。(乗せた状態ですでにお尻に伸びた感じがある方は、そのままキープしましょう)
  3. 3.2で伸びた感じがあまりない方は、立てた脚と体を近づけていきます。
  4. 4.お尻の筋肉が伸びている感じがあるところで8~10秒キープします。

※ このストレッチは、上に乗せたほうの脚の殿筋がストレッチされます。

【殿筋ストレッチ(2)】

殿筋のストレッチ写真
  1. 1.あぐらの体勢になり、伸ばす方の脚を上にして組みます。
  2. 2.そのまま体を前に倒していきます。
  3. 3.深く呼吸しながらお尻の筋肉が伸びている感じがあるところで8~10秒キープします。

 両脚であぐらがかけない人は片脚だけあぐらになって、もう片脚は伸ばした状態で行ってみましょう。
 またこのストレッチは殿筋のストレッチ効果に加えて股関節の柔軟性も向上が期待できますので、股関節が硬くて気になっている方も是非おこなってみてください。

 ※ 以下は臀筋についてです。

 臀筋(大殿筋・中殿筋)は、それぞれ骨盤から大腿部(太もも)に付着します。
 殿筋の硬さ(筋緊張)が及ぼす影響は骨盤だけではなく、腰部・股関節、また大きい範囲でみると首やひざなどの動きにも関与する可能性があります。体の柔軟性がある方の方が体が硬い方に比べると運動効率が上がるともいわれています。筋肉が硬いなと感じるところがある方は、当院の過去の解説を覗いてみてください。もしかしたら求めている投稿があるかもしれません。