THE解説

疋田整骨院 > THE解説

≪ 前 | THE解説見出し一覧 | 次 ≫

臀部のストレッチについて② NEW

 今回は臀部のストレッチをご紹介します。
 臀部の筋には『大殿筋』の他にも、『中殿筋』『小殿筋』と大殿筋よりも小さい筋肉が存在します。しかし、小さいながらも骨盤の安定性に大きく関与している筋ですので、筋肉の柔軟性が低下すると腰や股関節などの部分に悪い影響を及ぼします。
 体の筋肉中でも比較的大きな臀部の筋肉をしっかりとケアすることが非常に大切です。

 ストレッチ方法(図1)

  • 右足を後ろに引き左のひざを曲げた状態で足を前に出します。
  • 背筋を伸ばし骨盤を床と水平になるように付けます。
  • その姿勢のままゆっくりと上体を前に倒して20秒ほどキープします。
  • この動作を、反対側も行い2セット程度行います。

 ストレッチ方法(図2)

  • 床に仰向けで寝た状態で左足を右足の上に交差するようにします。
  • 右手で左ひざを押さえて床に近づけます。
  • 左手は外側に開き顔も左側を向くようにその位置で20秒キープします。
  • これも左右2セット行います。

臀部のストレッチについて2

臀部のストレッチについて

 今回はお尻の筋肉についてポイントをふまえながらストレッチをご紹介したいと思います。

 大殿筋

 大殿筋とは、骨盤から大腿骨にかけて付く大きな筋肉です。
この筋肉は主に前回お話にありましたハムストリングスの筋肉と共同して動き、足を後方に引く動作をします。その他立ち上がる動作に貢献する筋肉でもあります。

 ストレッチ方法

  • ・座って行うストレッチ(図1)
  •  まず椅子に座り肩幅くらいに足を開きます。左側の足(ふくらはぎくらい)を右足の太ももの上に乗せます。左側の手は左足の膝の上へ置いておきましょう。これが基本的な姿勢になります。
     そこから上半身を前に倒すように体重を前に乗せ20秒ほどキープしましょう。(お尻のあたりが伸ばされているのが分かります)この動作を反対の足でも行い2セット程度行います。
     前に倒す方向と右斜め前、左斜め前に三方向やりますとお尻の違うところがストレッチされますのでぜひ試してみてください。

    ※注意点※
    反動をつけるように膝は押さない、痛みが出ない範囲で行うようにしてください。

    臀部のストレッチについて

  • ・寝て行うストレッチ(図2)
  •  仰向きになり図1同様に脚を組みます。右の足(太ももの後ろ)を両手で持ち胸の方向へ引いてきます。伸びている感じがあるところで20秒ほど止めましょう。これも2セットずつ行います。
     1日中座り続けている人などはお尻が固くなってしまいがちです。少し気にかけてあげることで体にかかる負担も違いますので是非行ってください。ストレッチの際は呼吸を整え、力が抜けているときに行いましょう。

 分からないことがございましたらスタッフに気軽にご相談ください。

温罨と冷罨 〜温めることと冷やすことについて〜

 その痛み「温めますか?」「冷やしますか?」をテーマに今回の解説をしていこうと思います。

 以前の解説でもご紹介しましたが、アイシングには痛みや炎症の拡大を抑える目的・効果があります。傷ついた細胞の新陳代謝を低下させることでその周辺の組織の二次的な被害を抑える事に繋がります。

 次に温める事のメリットは、患部の血流を改善する事により怪我が発生した場所の代謝を良くし、傷んだ場所に十分な酸素や栄養を供給して組織の再生を促す事にあります。また、筋肉・関節などの組織の柔軟性を出す事にも繋がります。

 結論として、温めた方がいいのか、冷やした方がいいのかは怪我をした時期によって異なります。怪我をすると受傷後2日から3日は炎症期間といって炎症が盛んな時期、熱を持つ時期になります。よって痛みが出た後2日から3日は冷やした方が良いといわれています。その後、炎症期が過ぎた頃から温めるようにして下さい。ただし、症状の重症度や個人差によって期間の違いがありますので、患部の熱感が落ち着きましたら軽く湯船で温熱を試み、その際に重だるいような痛みが出て来なければ温めて良いかと思います。

温罨と冷罨 〜温めることと冷やすことについて〜

 温めることと冷やすこと、その時の素早い処置で怪我の経過が大きく変わる場合も多々あります。怪我をされた場合は速やかに正しい処置を行い、その後に医療機関を受診するようにして下さい。